森と苺と桜と。北郷の春に癒されよう【宮崎県日南市】

2018.04.12

宮崎県と言えばサーフィンや海のイメージが強いですが、日南市北郷は森林セラピー®基地に認定されているように、豊かな森に囲まれた町として有名です。
そんな北郷で春のおでかけにおすすめしたい、3つの癒されポイントをご紹介します!

森を歩いて癒されよう

北郷ではノルディックウォーキングが盛んです。ノルディックウォーキングとは、二本のトレッキングポールを用いて全身を使いながら歩く運動法のこと。かつて北欧のクロスカントリー選手が、夏にトレーニングをする目的で始めた「ポールランニング」が原型となっているそうで、それを老若男女問わず楽しめるようにしたのがノルディックウォーキングです。

今回インストラクターの方をお呼びして、ノルディックウォーキングを体験してみました。

まずは簡単なストレッチの後、トレッキングポールの使い方と、歩き方のレクチャーがあります。
トレッキングポールは、専用のグローブを手にはめた上でそれをフックでひっかけられるような仕組み。手の動きで生まれる力が、ポールを通して直接地面に伝わるようになっています。こうすることで、肩甲骨を中心に上半身の運動になる一方、足腰への負荷を減らすことが可能になります。

歩き方のポイントは、ポールは軽く握ることと、肩を軸に大きく手を振ること。杖を突くように前に体重をかけるのではなく、体の横から後ろに流すようにポールを突くと、手の力を前に進む力に変えられて、楽に歩けるのが実感できます。

レクチャーを終えると、いざ散策路へ。今回は蜂之巣公園内にあるコースを体験。ごつごつした岩が特徴的な川沿いを歩いていきます。道は地元の方によって整備されていて、傾斜もほとんどないので、運動に自信のない方やお子様でも問題なく楽しむことができます。

途中「何か鳴いているのが聞こえませんか?」とインストラクターの村田さん。耳をすますと鳥のような綺麗な声が聞こえてきましたが、実はこれ、カジカガエルという蛙の鳴き声だそう。ただ歩くだけでなくて、周りの豊かな自然環境を気づかせてくれるのも、ガイドの魅力です。

ゆったりと身体を動かし、春のちょうど良い気候の中歩いていると、なんだか気持ちが穏やかになっていくのが感じられます。新緑に包まれて、リフレッシュできること間違いなしです。

インストラクターは個人でお願いする他に、定期的にイベントもやっているのでそれに参加するのもおすすめです。詳しくはごんはるホームペー新着情報をご覧ください。

ノルディックウォーキング(NPO法人 ごんはる)

  • 料金:5,000円/講師1人(10名まで対応可)
  • ポールレンタル:1組500円
  • 集合場所:蜂之巣公園(宮崎県日南市北郷町郷之原甲3583)
  • TEL:0987-55-2700
  • URL:http://gonharu.info/healing/nordic/

苺を食べて癒されよう

続いては、この時期が旬のいちご狩りに。南いちご農園は畑の中に現れるハウスとのぼりが目印。

受付で説明をしてもらったら、早速いちご狩りスタート! 3つあるハウスの中を自由に回って、いちごの収穫を体験。摘むときは、人差し指と中指でヘタの裏側を挟むのがポイント。そのまま手前に抜き取ると、形よく収穫することができますよ。

品種はさがほのかを中心に、やよいひめ、こいはるか、星の煌めきの4品種あり、食べ比べて味の違いを楽しむことが出来ます。実際に食べ比べてみたところ、もちろんどれも美味しい! のですが、甘味と酸味のバランスがちょっとずつ違うのが面白い。家族やカップルで訪れて、それぞれの好みを言い合うのも楽しそうです。今後は今の4品種から、もっと種類を増やしていく予定とのこと。

また毎週土曜は夜にいちご狩りが出来る、ストロベリーナイトも好評。時にはストロベリーナイトフィーバーと称して、歌手の方をお呼びしてライブイベントが行われることも。いちごの甘い香りがして良い空間なのはもちろん、意外と(?)音響が良くてお客さんからも歌い手からも評判も良いのだとか。オーナーの南さんによれば、これからも色々と企画イベントはやっていきたいとのことです。

農園がオープンしているのは1月から5月中~下旬までで、料金体系は食べ放題と摘み取りの2種類。摘み取りの場合は、箱に入れてお土産として持ち帰ることもできます。最新のイベント情報や収穫状況などはFacebookページで告知しているので、訪れる前にチェックしてみてくださいね。

南いちご農園

  • 住所:宮崎県日南市北郷町郷之原乙
  • 開園期間:1月から5月中~下旬まで
  • 営業時間:10~17時
  • 定休日:月曜
  • TEL:090-8401-5373
  • 料金:時期により異なる ※詳しくはこちら参照
  • URL:https://373strawberryfarm.jimdo.com/

桜を見て癒されよう

最後は県内でも有数の桜の名所、花立公園へ。ここは標高489mの花立山を中心に広がる、見晴らしの良い公園で、見ごろになると山を覆いつくすように桜が咲き誇ります。頂上近くまで道は続いていますが、その途中、中腹あたりから見上げる山の様子が見事! 一目一万本とも言われる桜の美しさは格別です。

また山頂に近い展望台からは、北郷から油津の海の方まで、広い景色が一望ができます。ここは飫肥街道の一部で、かつて参勤交代で江戸に向かう飫肥藩の一行が最後に故郷を一望して、しばしの別れを惜しんでいたそう。

今では地元の方はもちろんですが、福岡や鹿児島など九州近県からの来訪者も多く、ここの桜を求めて周辺のホテルに泊まりに来る方も多いようです。

 

また例年、花立公園ではさくらまつりが開催されています。2018年からはふもとにある蜂之巣公園でも同時開催されており、土日限定ですがキッチンカーが出店したり、花の苗を貰えるイベントもやっています。花立公園で桜を堪能した後は寄ってみると良いでしょう。

日南市は北郷だけでなく、飫肥城や竹香園などがある飫肥も、桜の名所として有名です。特に飫肥城は石垣と桜の美しい景観が見られます。花立公園とは少しだけ見頃の時期が違うので、見頃を逃してしまったら、こちらも合わせて行ってみるのも良いかもしれませんね。

花立公園

いかがでしたか? もし北郷のある日南・串間エリアに行ってみたいと思ったら、お役立ち情報は以下の特集にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

≫詳しくはこちらの特集をチェック!

このページの内容を
シェアする

日南串間を知る TOPへ